サーマクールの効果ガイド TOP > サーマクールあれこれ >  サーマクールとタイタンの違い

サーマクールとタイタンの違い

肌のたるみ改善にサーマクールが認知されてきていますが、「効果はどうなのかな?」「施術する時、痛いって聞くけど大丈夫かな?」と興味はあるもののクリニックのドアを叩くまでには至っていない人がとても多いと思います。

美容に関するいろいろな口コミサイトもありますが、その中で「施術の痛みはないけど、サーマクール並みのリフトアップ効果がある」といわれているものに、「タイタン」という治療法があります。

「タイタン」とは、真皮層の上層部(サーマクールに比べ浅い部分)に熱エネルギーを作用させ、繊維芽細胞を刺激するものです。

サーマクールで痛みと感じるほどの熱エネルギーは与えないため、タイタンでは痛みは感じませんので、麻酔クリームを塗ることもありません。

治療直後のリフトアップ効果は、サーマクールに比べ優れているかもしれません。

また、熱エネルギーが皮膚の上層部に働きかけるので、毛穴の改善などにも効果が期待できます。
1回の施術料金も、サーマクールに比べリーズナブルに設定してあります。

しかし、効果の持続性や、長い目で見て老化予防を考えると、サーマクールの方が優れていると言えるでしょう。

「顔のたるみを何とかしたいけど、美容治療なんて初めてだし、痛いのは怖いし・・・」という初心者の方にはタイタンがおすすめかもしれません。

料金の面からみると確かにサーマクールの方が施術料は高いですが、効果の持続性を考えタイタンは繰り返し施術が必要となることを思えば、費用対効果はそんなに差がないかもしれません。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 サーマクールの効果ガイド. All Rights Reserved.