サーマクールの効果ガイド TOP > サーマクールとは >  サーマクールチップの開発

サーマクールチップの開発

日本にサーマクールがやってきたのは2003年。その後どんどん新しい開発が進められています。

サーマクールの機械には「トリートメントチップ」という部品が先端に取り付けられています。

これは治療する部分の肌に直接接触し、肌にRF(ラジオ波)を流すという重要な役割を担っているパーツです。

トリートメントチップは繊細で耐久性が低いため、照射できるShot(ショット)数が決められています。

また、衛生面からも一つのチップを一人の治療で使い切ってしまいます。

サーマクール治療に重要な役割を担っているトリートメントチップは、これまでに数々の改良がされてきました。

はじめはスタンダードチップでは照射時間が約5秒必要でしたが、その後開発されたファーストチップでは照射時間が1.9秒とかなり短縮されました。

またいちどに照射できる面積も0.25平方センチメートルから3.0平方センチメートルまで4つに分類されて、さまざまな部位に効率的に照射が行なえるようになったのです。

照射に対する考え方も変化し、開発当初は高いエネルギーで各部位を1回ずつ照射する方法でしたが、現在は低いエネルギーで全体を照射した後、部分的に最照射する方法がとられています。

これによってやけどのリスクも減り、施術中の痛みもだいぶ改善されて、施術を受ける際の患者の負担が軽減されました。

また、低エネルギーで複数回照射するほうが効果が高いこともわかってきています。

今後もどんどんチップの開発が進められ、さまざまな大きさやRF(ラジオ波)の到達深度が選べるようなものも出てくることにより、皮膚の薄い部分や奥深くの皮下脂肪にまで効果的に作用する治療法も行なわれるようになるでしょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

サイト内検索

相互リンク募集中

相互リンク等に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2008 サーマクールの効果ガイド. All Rights Reserved.